FC2ブログ
















ユチョンが好きだった。











とは言っても、もう約10年も前の話なのだけど。

今さらどんな顔してそんな無責任なことを言うんだ、

と言われればそうなんだけど。確かに。本当に。大好きだったんだ。











チャンミンを好きになる前はユチョンが好きだった。

東方神起を好きになって、もちろん5人全員が好きで、というか、「東方神起」が好きだったから

つるっとまるっと全部ひっくるめて東方神起の全てが好きだったトンペンだった。つもり。

中でも特に好きだったのがユチョンだった。

もっともっと最初を考えてみると、ジュンスが好きだった時期があった気がするけど

ペンと言えるほどの好きにまでは至らなかった(ごくごく一時的だったと記憶している)から

自分の中ではカウントしてない。

あくまで始まりはユチョンだと思って、ズルズルと、トンペン10年目。










分裂を機にチャンミンに移行したとかではない。と思う。

自分の記憶してる範囲では、元々ユチョンとチャンミンが気になるメンバーで

ユチョンペンと言えるくらいに好きの気持ちが大きくなった次に、チャンミンも好きになって

好きの大きさが同じくらいになったころ、タイミング悪くか良くか活動休止という事象が起きてしまい

ユチョンが好き・チャンミンが好き、の前に私は東方神起が好き、な人だったから

自然とユチョンへの足は遠のいていった。

ユチョンがもしソロで抜けてたとしたら、ユチョンも積極的に追ったかもしれないけれど

当時はJYJとして活動していたため、その結成経緯がどうしても受け入れられなかった私は頑なに拒んだ。

ユチョンペン兼チャミペンの友達が当時それなりにいて、みんな根気よく私をJYJコンにも誘ってくれたけど

私は、行かなかったんだよなぁ…頑固なもんで…

それでもよく離れずに一緒にトン追っかけしてくれたなぁと、感謝してる…

今となってしまっては行っておけばよかったのかな…











JYJについてはだんだん考えるのがつらくなっていったし

自分が辛くなるのが分かってて彼らを追うのも馬鹿らしいし

彼らやファンにとってもそんな奴は害悪でしかないからなと、

いつかを境にだんたんと興味自体も薄れ、何も思わなくなっていった。

でも、それでもやっぱり、一度すごーく好きになった人のことって

今は特別好きじゃなくても気になるもんで、ユチョンの情報だけはゆるく追ってた。

今どういうことしてんのかな、歌出したんだ、俳優やってんだ、元気なんだ、とか。

ほんとゆるーく、ゆるーく。

東方神起でさえライブを除けばそんなに積極的に追ってない方なので、ほんと年に数回気にするくらい。

あとはユチョンペンの友達から話を聞いてた。

元気にやってるんだな~って、それだけでよかった。

興味はなくなっても、追っかけはできなくとも、それくらいは知りたかったんだ。










そして事件は起きる。トイレ性的暴行事件。

私が知ったのはとある韓流ニュースサイトをたまたま見てたからだけど、

正直「ついにやらかしたか…」としか思わなかった。

というのも、この頃の私は東方神起にすら燃え尽き症候群で冷めていたし(兵役のため)

ユチョンについては好きだったころから「弱くて女にだらしない人」って勝手に思ってたから

遊びすぎたなぁ…と冷めた目でしか見れなくて。

ユチョンペンの友人らも同様の認識で「馬鹿だなぁ」と言い合ったのを覚えている。

結局、強姦については無嫌疑になったとのことで、ファンの間では無罪ということらしい。

無嫌疑と無罪は違うんだけどね…

本当に罪はなかったのか、証拠不十分なだけなのかは、わからない。

女性が一致団結して人権うんぬん大げさに騒ぎ立てる風潮もあるらしく、私には本当のところどうなのかは知る由もない。

ただ「買春したことは事実だしなぁ」としか思わなかった。

この時点で彼のファンを辞めた人も多いのだろう。

私は風俗利用よりも、芸能人としての自覚が足りなかったというところに引いたし、

仮にもソロではなくてJYJというグループの一員なのに、メンバーに迷惑がかかるような軽率な行動をしたことに引いた。

喘息持ちなのに喫煙者で(←好きだった時からの疑問なんだけど)それ理由に兵役も区役所勤務になったのに

女に溺れてたら、そりゃ駄目でしょうよ。

ただでさえ芸能人の兵役に関しては少しでも甘いと非難されるのに。

韓国中を敵に回した瞬間だったよね。

自分でまいた種とはいえ、昔好きだった人が国民から便器ユチョンと呼ばれて、性癖トイレの人と認識されてるの、悲しすぎるよ。

この先どうするんだろうな…と思ったと同時に

やっぱりユチョンは出て行くべきではなかったなとも思った。










おそらく、分裂期らへんの5人に関する記事にも私は書いてたと思うけど

当時から、密かに、ユチョンは残留側にいてほしかったと思ってた。大きな声では言えないけど。うん。言えない。

これは私が元々はユチョンペンであったからだし、ユチョン&チャンミンのキスカプが好きだったからでもある。

チャンミンのよりどころ、甘えられる存在が一人いてほしかったからでもある。

ユチョンは特別弱い人だったから。

彼のバックグラウンドを知ると、愛情に飢えた人だというのは当時高校生の私でも分かったし、

5人の頃から躁鬱っぽかったというのは有名な話。

出演番組とかみても、よく、一人遠くの方を見ていることも多かった気がする。

ユノに吐き出して泣きついたというのは2Uエピソードとしてもあまりにも有名。

落ちてる時はメンバーが何を言っても落ちたままだったという。

そんなユチョンは、たとえ縛り付けられてでもSM監視下に置かれて

ユノに甘えて、チャンミンに甘えられていたらよかったのにな、なんて、何度思ったことか。

個人的に、チャンミンはユチョンにラブビームが出てたし、ユチョンはユノにラブビームが出てたし

ユノはいつでも特別ユチョンを気にかけていてデレデレだったし、と思ってるから

「2Uミンは優しい世界」として、私の中では3人で残ってくれてたら個人的な万々歳だったなって思ってた。

作詞も作曲も才能があって、語学センスもあり、演技センスも光ってた。

SMにいれば叶わなかった活動も多いかもしれないけど、SMに残れば叶った・続いた未来があったと何度も思った。

SMに入ったことによって、東方神起になったことによって、心の闇が深くなった、ともいえるかもしれないけどね…

こんなタラレバの話は意味がないし、今の東方神起を応援する人やユノとチャンミンにも失礼な話なんだけど

そう思わずにはいられなかった私は、甘いのかな、脳内お花畑のままなのだろうか。










やっとこさ一件落着かと思ったら、渦中の人間ファンハナと出会って交際スタート。

たとえアイドルでも旬を過ぎたら(アラサ―になったら)恋愛はご自由にどうぞって思ってたし(たとえ推しでも)

好き同士なら自由にしていいんじゃね?と思ってた。玉の輿だし。

ユチョペンの人は怒りに怒りまくっていたけど、私はその時はすでにユチョンのファンじゃなかったからなのか(多分そう)

そこまで怒る気にもならなくて、まぁ随分楽しそうにやってんな~と静かに見てたら

いつの間にかハナの刺青がでかでかと入っていた。

これを知った時にトイレの件よりも落胆したのを覚えている。

あんなにでかでかといれてしまうということは=俳優の道を自ら断ったとも言えるし

=逆玉結婚引退かな?って。

結婚発表の後に彫ってたか、発表前にいれてたかはもう覚えてないのだけど…

とにかくこの時に、ユチョンとの永遠のお別れなのかなって思ったことは覚えてる。










結局は延期に延期を重ねて婚約破棄。結婚白紙。

結局あれはなんだったんだろう?と外野の私はチンプンカンプン。

友人に聞くも、友人自身も熱心に追わなくなっていたため「よくわからん」と言われ…

もう何がしたいんかわけが分からん…私の知ってるユチョンはどこに消えたんだろう…と思ってた。










そしたらいつの間にか日本ツアーもやってたし、

気合いをいれたのか何なのかビジュアルが最盛期を思わせるような仕上がり具合で

ユーチューブチャンネルも開設されていて、

ひっさびさに歌ってる姿を見たらあのころと変わらないユチョンがいて…

私が最後にユチョンの歌ってるところを見たのは「ピエロ」だったから…

(今の今までなぜかピエロの作詞はユチョンだと思い込んでたけどジェジュンだった…ごめん…)

数々のお騒がせをしておきながら、

一体全体どういう神経で「また3人で」とか「また5人で」とか言えるの?

ジェジュン、ジュンス、チャンミン、ユノを引き合いにだして、比べて、自分がかわいそうだと…?

は?としか思えない発言の数々に引いたと同時に、ホッとした気持ちもほんの少しあった。

本人たちにしか分からないこともあるし、時間が解決するというのは本当のことであると思うから

東方神起としてではなく、かつてともに過ごした仲間としてなら、よぼよぼ爺さんになった時に酒を酌み交わすくらい

本人たちの意思でそれが叶うのならば、それくらいいいじゃない、あってもいいじゃない、と思ってたから。

そういうような気持ちは、いまだ、まだ、持ち合わせているんだ、と思った。

ドン引きの感情と、懐かしい感情が心を埋め尽くしていた。













実際問題、時間が解決するということを肌で感じて

ここ数年で5人時代の映像も笑顔で見られるようになった今、

ユチョンのビジュアルが最盛期盛り返してる今、

JYJではなくソロとしてのユチョンになら会ってみてもよいのではないか

実際に目にしたら見えてくるものもあるかもしれない

何も見ずしてあれこれ言うのは、思うのは、もうやめたんだ…

反省している、というユチョンがどう変わったのか、どうファンに接しているのか、

というところに興味を持ち、今ならいけるかもしれない、と思って

次に日本でライブでもあったら行ってみようかなぁ…と思ってた矢先の出来事だった。

会いたいと思ううちに、会いに行けるうちに会っとけ、これ鉄の掟。











ユチョン。覚せい剤使用で逮捕。芸能界引退。











気持ちが追いつかないよ。

私が最初に好きになった人。

彼がいなかったらここまで東方神起にはまったかも、今もトンペン続いているかも分からない、

私にとっては東方神起沼への「入口」だった人。










BIGBANGスンリのカカオトークの一件からズルズルでてきたのは全部スンリゲートと言われてるけど

これもその一件として捉えるべきなんだろうか?そのへんあんまり分からない。

元婚約者のファンハナが薬で逮捕されて、

その時まっさきに「あぁ…これはユチョンもやってっかもな…」と思った。

だって、異常だったでしょ、ハナといるときのユチョン。

傍から見ても、あれが私の想ってたユチョンと同じ人なのか疑問だったもの。

同姓同名のそっくりさんかと思いたいくらい。

「やってない」と思いたい気持ちがあれど、「やってても何らおかしくない」と思える過去の所業の数々。

クロだったらすんなり受け入れられるんだけどなぁ、って思ってた。

ラリってたからこその異常性だと考えた方が、ユチョンに対する理解が楽だからである。










結局は、記者会見まで開いて「やっていない」と啖呵を切ったのに、おおむね認めて、クロ。

やってない、やってない、と言い続け、体中の毛を剃ってまでも逃げたかった。

なんだよ、それ。なんなんだ、それは。

覚せい剤を使用してたことについては、今となってはそこまでの落胆がない。

大抵の人は引くのかもしれないけど、疑惑をかけられた時点で疑ってかかっていたからかもしれない。

心の弱い人だから、薬や酒、女に溺れてても、イメージ通りである。

そういう危うい、脆い、危険な香りがするところが彼の魅力でもあったし、そこに惹かれるファンが多かったと思う。

芸能界は金と薬が蔓延してる世界って勝手に思ってるから、

ユチョンに限らず芸能人の薬使用に対して、怒りとか幻滅とか、別にないんだよね…おかしいかな…

BIGBANGのジヨンもタプもやってたもんね。

ハリウッド俳優だって薬やってる人多いしね。

映画見るのが趣味なのだけど、好きな俳優、気になる俳優、過去に薬やってました~なんてザラだから。

それでも本人に使いどころがあれば、光る才能があれば、十分活躍できる世界なんだよね芸能界は。

一般人はそうもいかないとは思うけど。

だから覚せい剤やってようが、まぁ、軽蔑とかは感じなかったんだよね。自分には関係がないことだし。

「5人東方神起」という過去に傷がつくのは、心底、許せないんだけどね。










そんなことよりも、あんな大ホラ吹けた精神状態にドン引きした。

今まで散々お騒がせしておいて、ファンを悲しませておいて、今度こそは誠実でありたいと誓った人が、

「ユチョンの言葉だけを信じる」とファンに言わせ、固唾をのんでファンに見守ってもらっておいて

結局は『嘘つきました』って。『自演劇でした』って。なんなんだよそれは。理解できないよ。

引き返せないとこまでいったのなら、最後の最後までファンのために否認しつづければよかったのに、と思ったけど

さすがにそこまではユチョンはできなかったんだな…できなくてよかったのだけど…











私の好きだったユチョンは一体どこへ消えたんだろう。

愛情に飢えていたからなのか、愛することを求め、愛されることを求め、人一倍優しかったユチョン。

結果論ではあるが、自分で壊しておきながら、

JYJ活動がしたいとJYJファンを期待させ、

5人でまたやりたいと5人復活を望むファンを期待させ、

頑張るからと自身のファンを期待させ、

期待させるだけさせて自ら壊してさっさと去っていったユチョン。

ファンにはとことん優しくなかったユチョン。

酷い…酷過ぎるよ…

みんなにその場しのぎのいい顔をするというのは、優しさではないのよ、ユチョン。

いつか…を密かに密かに望んでいたファンは多いと思うけど、これで完全に断たれた…

もう芸能人パクユチョンじゃなくて、一般人パクユチョンだから…

薬だけならまだ復帰した俳優さん、韓国にもいるらしいけど、

ユチョンはただでさえトイレの一件で、フェミニズムの進む韓国では活動の機会がなく、

だから日本や中国に出稼ぎに来ていたというのに

c-jesが見放した今、前代未聞のホラ吹き披露してしまった今、

母国韓国芸能界に戻るのはなかなか骨が折れるよ…そのあたり韓国厳しいよね…普通なのか…

ユチョンがまた芸能界に戻りたいと思うかはわからないし、個人的には向いてないとは思うけど…










せっかく5人の頃をまた見られるようになったのに、またしばらく見られないよ。悲しくて。

他4人とユチョン、東方神起とJYJを比べて色眼鏡で見てしまうから。

東方神起だって、現状を見ればうまくいってるとは思えないところもあるけれど

それでも何の警察沙汰も起こしてないと思えば、

何がいったい明暗をわけたのか、いつから壊れていったのか、

とか考えてしまって、どうしても見られないよ。

私なんか、分裂問題は「双方の意見の相違・方向性の違い」だと自分の中で納得しているから

あれは防ぎようのない事象だった、双方にとって必要だった、として

「起こってもしょうがなかったこと・各々の将来設計の違い」として受け入れているのに

JYJから脱退者が出て事実上の活動停止・解散(?)ともなってしまえば、

どうにもできない気持ちがまた沸々とわいてきてしまうよ。

JYJとして機能しなくなるのなら、JYJを結成した意味は?しなくてよかったのでは?

分裂ってなくてもよかったんじゃないの?3:2の対立、ファンの対立、なくてよかったんでは?

って思ってしまって永遠のモヤモヤループにまた突入しちゃう。









信じる、信じない、妨害、陰謀、黒幕…約10年も前に聞き飽きたよ…

もう嫌なんだ、答えのない問題をああだこうだ考えるのは。

証拠がでたことが事実、それをおおむねユチョン本人が認めたことが事実。

それに信じるも信じないもない。

起きたこと、ユチョンがおかしくなってること、ファンが悲しんでること、それが事実であり、全てである。

それ以上も以下もない。

ユチョンの言葉しか信じない、というのならば、本当のユチョンを見てあげてほしい。

「芸能人パクユチョンを捨てるのが、ファンに捨てられるのが怖かった」

と言わなければいけないようなユチョンになってしまったのは、ユチョン自身が弱いからでもあるし

ファンがユチョンに優しい、優しすぎる、甘いからでもあると思う。

泣き虫だからね…泣かれちゃ全部許したくなっちゃうよ…わからなくもないよ…

でもそれがユチョンにとっては重荷だったのかな、なんて。

ユチョンにとって一体ファンってなんだったんだろうね…











私は随分昔にユチョンのファンをおりているけれど、

決してチャンミンやユノ、東方神起とユチョンを比較しているのではない。

チャンミンやユノにも、東方神起にも、することなすこと全部笑顔で享受できるほどの広い心は持ち合わせていない。

は?と思うこと、受け入れられないこと、理解できないこともある。

決して、比べて、こっちがまともだ、なんて言う気はサラサラない。

この騒動に便乗して東方神起を上げたいトンペンがいるとしたら、さすがに同じファンとは思いたくない。

あの時抜けておいてくれてよかった、だの、ファンもいるのに、よく言えるなぁと思う。

わからなくもないよ、でも、言わなくてもいいじゃない、ファンはすでに十分傷ついてる。











ユチョンを好きだったことは事実だから。

仮にこれがジェジュンやジュンスだったら、ファンには申し訳ないけどここまでの悲しさも何もない。

悲しくなるほど、落ち込むほどの愛情が2人には無い…そこまで興味が無いもの…

個人的なファンになったこともなければ、今現在東方神起でもない人には、私はここまでは思わないよ。

ユチョンだから、最初に好きだった人であるから、ユチョンが弱くて危うい人であったから…

こんなにも悲しい。











分裂時に東方神起及びトンペンを裏切り(一部にはそう思われても仕方がない)

トイレ事件の際に自身のファン、JYJ及びJYJファンを裏切り、

結婚騒動の際にファンを切り捨て、結局はファンハナすら切り捨て、

もう裏切らない、切り捨てない、と誓ったファンを、今回の麻薬騒動にて再度裏切ってしまったんだよね。

5人を夢見る層の夢もまた断ち切ってしまった。

ハナとは会ってないとファンへ言っておきながら、一緒に薬やるためにまた会っていたし

そんなハナをも記者会見で再度裏切ってしまったんだよね。

ファンが盲目的に陰謀論を唱えているけど、最初に唱えだしたのはユチョン本人なんだから

「ハナにはめられた」って、彼を好きなファンがそうなってしまってもしょうがないよね。

幾度となく落ち込んでも、またついていったファンが不憫でならない。










ユチョンに対する怒りの感情はない。

ただただ悲しい。

こうなるまで落ちていったこともそうだし、周りの誰も止めてくれなかったこと、彼を止められなかったことも。

壊したのはユチョンだ、ユチョンが悪い。

それは正論だと思うけど、ジェジュンもジュンスも、一言もコメント出さないの?

かつて、死にもの狂いの覚悟で事務所を抜けた、苦境を乗り越えた仲間でしょ?

JYJとしてともに活動してきた仲間じゃない。

たとえもう、すでにJYJとしての愛情はなかったとしても、形式上残しておいたのは3人各々の意思じゃないの?

私の目には、ユチョンもジュンスもソロ志向が強めで、

グループ活動を強く望んでいたのはジェジュンだけだったように見えてたけど

その願いが叶わなくなったとしても、それでも解散せずに残しておいたグループでしょうが。

残しておけばJYJを望むファンもソロを望むファンも、双方を繋ぎ止めておけるからなのか

事務所の方針なのか、本人たちの意地なのか、理由は分からないけれど

残しておいて、その仲間が脱退になったのに、何も言葉が無いのは、悲しいよ。

5人時代の東方神起には絆があったよね。

それぞれが互いを思いやって、支え合って、1つだった。その姿に嘘はなかったと思う。

それは3人でも、東方神起じゃないJYJという新しい器の中でも、壊れないものなんじゃないの?

Always keep the faithなんて、懐かしい言葉がふと頭をよぎった。










ユチョンには、ただただ早く心と身体の休養と治療をしてほしいと願う。

またいつか戻ってきてねなんて、言えない。あの顔を見て、言えない。

私にはそんなことを言う資格がない。

あんな嘘会見を平気でやってのけたほどおかしくなってたユチョンの憑き物、落とさなきゃ。

一時期あった脚の傷なんかも、薬の副作用ではないかと言われいる。写真を見て言葉を失ったよ。

悲しい。これしか言えない。

唯一言えることは、生きていてほしい。これだけは届いてほしい。

時間はかかるかもしれないけど、心身ともに健康になって新しい人生を歩めるように願っている。

ファンに対して償いをするのは、健康を取り戻してから。正常になってから。










憤りを感じるとすれば、デビュー15周年記念グッズで詐欺をはたらいていること。

被害者の人たちに返金が現在されているのか未返金なのかは、当事者にしか分からないことであるけれど

もしもまだ未返金であるのなら直ちに清算してほしい。

デビュー15周年、東方神起を経ていなければ成し得なかったことであり

その記念品を利用しファン心を利用してお金を集めておきながら、品物を送らず返金もしないという所業は

東方神起を離れたことよりも何よりも酷い、と私は感じる。

また日本限定だということにも嫌悪感を抱く。

日本人の、一度好きになったら何があっても好き、というファン心理を利用している。

組んだ会社がそもそも怪しいし、詐欺まがいのことをする気はなかったかもしれないけれど

c-jes介さずにそんなところと組んだユチョンが悪く、責められてもしょうがないと思う。

これだけは頼むからきちんと清算してほしいよ、ユチョン。











ちょうどいい機会。今こそしっかりと一人立ちして欲しい。

守ってくれるファンを遮り、ファンハナの呪縛からも解き放たれ、薬への依存も断ち、家族とも離れるべき。

あんなにボロボロになってまでも、いい大人の家族全員をユチョンが身を粉にしてまで養う必要はないよ。

ユファンはなんなの?兄が大変なときにチャット配信なんてよくできたなぁ。

ユファンもまたファンを煽っている…ユチョンの脛をかじって生きているイメージしかないよ…

ママの刺青も消して、親からも弟からも逃れなきゃ。

韓国の家族観からすると難しいのは分かってる。

いつまでも親が、兄弟が、家族が、ずっとずっと付随してくるものね。良くも悪くも。

分裂の件だって、親が出てこなかったらあんなややこしくならなかったし、今のような結末は迎えなかったと今でも思ってる。

いろんなしがらみを断ち切る勇気をもってほしい。

じゃないとまた同じことを繰り返してしまうような気がしている。










ジェジュンも、ジュンスも、何も言わないけれどこのことは知ってるでしょ。

ユノも、チャンミンも、もちろん出ていった側に対してコメントなんてしないけど、知らないことはないでしょう。

何か思うことはあるのかな。

ユノはともかく、チャンミンってあれから3人に対して何一つコメント残してないからね。

ユノの実家みたいに5人時代の写真かざってるわけでもないし、ユンジェファンが送るような誰かとのオソロよく着るでもないし。

「無」なのかな。どうなのかな。きっと無なんだろうな。

個人的には、やりたいことやるために離れたのなら、その道を選んで幸せだという姿を見せるのが筋だと思うの。

じゃないと、それを応援したファンも、残された側も浮かばれない。

幸せだという姿を、大成している姿を、ユノもチャンミンも見たかったと思うよ。

俳優の道を進んで、新人賞・演技賞総なめしてた時なんて、まさに大成した姿だったんじゃないのかな。

私、演技者としてのユチョン、好きだったよ。JYJ曲は聴いてなかったけど、演技は見てたよ。

アイドルとしてのユチョンじゃなく、俳優・パクユチョンだったもの。作品にも恵まれていたし。

その演技力も、もうネタとして扱われることになってしまうけれど…

こんな結果になったことを、きっと多くのファンと同じで「何で?」と思ってると思うよ。

アメリカ帰りに一番最初に声かけてあげたのユノじゃない?

そこから始まったんじゃないのかな、芸能人パクユチョンの物語は…










自分の人生に一度も満足したことがないなんて、本当なの…?

韓国で賞を取るたび、まっさきに泣いてたのはユチョン、貴方じゃない。

4冠達成したとき、自分も泣きたかったけどめずらしくもチャンミンが号泣するもんだから、我慢して肩を抱いてくれたじゃない。

東方神起としてデビューしたことも、トップにたったことも、JYJとして新しい道を切り開いたことも、俳優の道を進んだことも、

何一つ満足ができなかったというの…?嘘だと言ってよ…

ユチョンが分からないよ…












ユチョンが好きでした。

約10年もほうっておいて、どの立場で言うんだと、ユチョンのファンからは言われるだろうけど、

1番じゃなくても、好きだった人はやっぱり好きだったままなんだよ。

誰にでも優しい、優しいユチョンが好きでした。

感受性豊かで、繊細で、どこか色気があって、顔や声があまりにも大好きだったというわけではないけれど

強く、強く惹かれたのを、今でも覚えています。

ユチョンの新しい生き方を応援するにはなかなか時間がかかったけど、

笑顔でいてほしいという気持ちは失くしたことがないよ。

誰よりも泣き虫であったから、誰よりも笑顔でいてほしかった。

音楽の才に恵まれ、東方神起にもいくつも名曲をつくってくれた。

チャミペンだから、evergreenなんて、最高に大好きだよ。もうしばらくは聴けないかな。

JYJにも、きっとたくさんの曲を音楽家パクユチョンとしてつくってきたんじゃないのかな。












歌手のユチョンは、芸能人のユチョンは、もう二度と見られないのかもしれないし

本人にも、ファンにも、世間的にも、それが一番いいのかもしれない。

だから私は、ユチョンに、Kissしたまま、さよならをする。























Blink…Smell it…and Feel it …open open your eyes.

just look at me now

僕の世界のすべてだった…



失くした片方の靴も 折れた小さな爪も

零した熱いcoffeeも 色褪せた涙も

Girl tell me little lie please tell me little lie

聞こえるように

でも 柔らかく この手から溢れた君



Longway people Longway people

そう 気付かなかったあの日 話しかける

Longway people Longway people

ただ 泣いて 泣いて 泣いて 忘れるしかない?



長く続くこの道に 今はいない君へ

KissしたままGoodbye



Girl tell me little lie please tell me little lie

聞こえるように

今 降り積もる粉雪が 僕を抱きしめる



Longway people Longway people

そう 気付かなかったあの日 話しかける

Longway people Longway people

ただ 泣いて 泣いて 泣いて 忘れるしかないの?



記憶に滲んだ涙の数は 渇いていく僕の心

数えきれない 星のように…



Longway people Longway people

ただ 泣いて 泣いて 泣いて 忘れるしかない?

Longway people Longway people

I know 君は 胸の中に いつまでも

Longway people Longway people

ただ 泣いて 泣いて 泣いて Kissしたまま、さよなら









ごめんね。古いヲタクだから。JYJとしてのユチョンをみてあげられなかった奴だから。

未だにユチョンの曲として思い浮かぶのは「Kissしたまま、さよなら」なの。

あとはカバーした秦さんのひまわりの約束とか、かな。

ごめんね。向日葵は、「太陽」見てから、チャンミンのイメージなの。チャミペンだから。

私は、「Kissしたまま、さよなら」。

ユチョンが作った曲のイメージが強く、バックのピアノが好きで、当時の東方神起のイメージも崩さない。

最初、ピアノ伴奏に語り口調で始まるところも、大好き。ライブverも大好き。

作詞作曲に関係なく、私の大好きな曲。












長く続くこの道に 今はいない君へ

KissしたままGoodbye

yuchun.png

ただ 泣いて 泣いて 泣いて 忘れるしかない?

ただ 泣いて 泣いて 泣いて Kissしたまま、さよなら













きっと、いつか、いつか、きっと。

東方神起○周年として、やっと。

デビュー時から何もかもぜーんぶ振りかえったお祝いが出来る日がくると、信じてやまなかった。

話してはいけない、ふれてはいけないタブーなんてものは月日と共に消え去り、

あんなこともあったね、こんなこともあったね、なんて、できる日がくると思っていたよ。

空白の7年間が消え去る日がくると、信じたかった。

もう叶わない。絶対に。












ありがとう、ユチョン。

貴方がいたから、東方神起をもっともっと好きになれたよ。

チャンミンのことも好きになれたよ。

トンペン10年目に繋がったよ。

ありがとう、そして、さよなら。

どうか、どうかどうかどうかどうかどうか。元気でいて。


















東方神起ランキング

にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村














사랑 안녕 사랑

Love Bye Love













関連記事
スポンサーサイト





コメント

  1. | -

    不安でたまらない今のユチョンのファンにとって、ユファンの行動は、ありがたいです。
    ユチョンは全くの孤独ではない、とわかるから。

    ユチョンに頼まれたこともあるけど、そのことをわかってい、ユファンは続けてくれてるのです。
    そして、メンバーからも見離された今、家族のサポートが必要だと私は思う。

    それ以外は、ほぼ貴方と同じ思いです。

    ( 12:31 )

  2. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 15:51 )

  3. ゆーみん(管理人) | -

    Re: aimyさんへ

    aimyさんへ、はじめまして!
    コメントありがとうございます。

    ソウルパワーというとゴスペラーズさんと初めて共演したフェスでしたっけ…?(ごめんなさい記憶が…)
    もう12年目になるんですね…長い間ファンされてて先輩ですね…!

    私のように2Uミンが好きだった方がいらっしゃるとは。
    今だと、ホミン+ジェジュンが好きなファンはよく見かける気がするんですが(ユンジェミンファン)似た境遇の方がいるとは。
    正確に言いますと、私の場合は2Uカプはあまり興味がなかったので(え)勝手に友人らと「ユンキス」と名付けてました←
    キス+ユノという…あくまで+チャンミンにはしない…ユンジェミンの二の舞は踏ませないぞという…(なに)

    ロム専(笑)ありがとうございます(笑)
    えぇ、泣かないでくださいね…(TT)?
    そういう私も泣いた後に書いてるんですが(おい)
    なんだか頭が混乱というか、何か書かないと気持ちの整理がつかなかったというか。
    まぁそんな次第です。
    おそらくユチョンペンさんには迷惑な記事でしょうね…他ペンは黙っとれっていう…

    『リンクOK』です!
    当ブログはリンクフリーです。
    自由に共有していただいて大丈夫ですよ~
    ブログやSNSに申告なしで載せられても何とも思いません~OKOK~hahaha
    (ただスクショで晒されるのは勘弁です…一部を切り取られると如何に変態変人かと思われかねないため…)

    わざわざご丁寧に許可申請していただいてありがとうございます。
    またいつでも覗きに来てください^^
    おせっかいかもしれませんが…あまり気に病まずに…

    それでは。
    ゆーみん管理人より

    ( 15:58 )

  4. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 20:58 )

  5. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 21:22 )

  6. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 14:07 )

  7. |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    ( 17:17 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks