上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。












ゆーんじぇぺんがぁ~

yj.jpg

こーろんだ。











ほーみんぺんがぁ~

yj2.jpg

こーろんだ。











トーンペンがぁ~

yj1.jpg

こーろんだ。














ゆーみん管理人も

こーろんだ。













不仲だと思っていたわけではない。







ただ、もう一生こんな2ショットは見れずに終わるものだと、薄々諦めていた。







だってもう5年以上経ってるもの。







東方神起が公の場に5人で立った最後のステージ、CDTVから。







そりゃあもうあきらめるでしょうよ。







今更かよ。








遅いよ。













突然これを見せつけられて、今何も言えない。






ユンジェ↑↑とも、ユンジェ↓↓ともならない。







ただ、私の中の私が、一歩前へ進んだ気がする。







初めの第一歩。






なのか





始まりの第一歩。





なのか





私にはわからないけれど。







ほんの少し







何かが溶け始めたのかも、しれない。












↓ブログランキングに参加しています↓








秋に咲く花。

赤い、彼岸花。

その花言葉は

独立、情熱、再会、

あきらめ、

悲しい思い出、

想うはあなた一人、

また会う日を楽しみに。












だーるまさんが

こーろんだ。











スポンサーサイト











みなさん、こんにちは。

今日はいつもと違って、超絶ひさしぶりに真面目な記事を書こうと

パソコンを開いてカタカタ文字を打っているところでございます。

皆さんももうご存知かもしれませんが

2014年10月10日、EXOのルハンがSMエンタに対して

元EXOクリスと同様の訴訟を起こしたことが判明いたしました。

これでEXOからの脱退者が2人となりました。

同グループのレイやタオが中国版ツイッターWeiboで

「がんばって!」「また会おう!」などと呟いていることから

もう事実上の脱退は決定だと思われます。

(本人の意志がもうEXOをやめると決まっているのかと思われる)










↓SMは私の知っている限りで、以下のグループの訴訟/脱退問題がありました↓

☆H.O.T→メンバー5人中3人がJTL結成→それぞれ独立、移籍→自然消滅
     何度か再結成が噂されたが実現にはうつっていない
    (今現在SMに残っているのはカンタさんだけです)

☆東方神起→メンバー5人中3人が訴訟→JYJ結成→事実上の脱退

☆Super Junior→ハンギョン訴訟→脱退

☆EXO→クリス訴訟→脱退

(☆f(x)→ソルリ無期限活動休止中)

☆少女時代→ジェシカ脱退(望んではいなかった模様)

☆'EXO→ルハン訴訟→事実上の脱退←今ココ










全グループ、訴訟内容、訴訟理由、脱退理由など、詳しく存じ上げませんが

きっとそれぞれひとりひとり別なんだとは思っています。

正直、これだけの問題があるということは当然事務所SM側にも

何らかの問題などがあるんだと私は思います。

でも、それでもきっと、ただ単にSMを悪く言うだけ済む話ではないと

そう、東方神起の問題があった時から思いつづけて4年程たちます。











みんな最初はアイドルに憧れて事務所にはいるわけです。

きっと夢と希望に満ちあふれているのでしょう。

そして練習生になり、いつ自分がデビュー出来るかわからない

何もわからない日々を寝る間も惜しんでレッスンに励み

いつか表舞台にたつことを夢見て頑張る練習生時代を過ごすのだと思います。

そして、やっとのデビューを迎えてはじめて現実を知るのでしょう。










私は、事務所側に全ての責任があるとは思いません。

事務所に全責任があり、SMは巨悪だとしてしまえば

そこに残って必死にアイドルとして事務所の看板を背負っている彼らを

まるで「お前らはバカだ」と、「単なる社畜だ」と

そう言っているのと同じことになりかねないと思うからです。

先ほど述べたように、皆、それぞれの時期で

周りの環境、自分の心境、多いに変わっていくと思います。

そんな中で、思い描いていた未来と違う、なんてことは

普通に、ごくごく当然にあると思うんですよね。

だって、過密スケジュールと言ったって

韓国の売れっ子アイドルは皆同じくらい忙しいでしょう。

問題があるとしたら韓国芸能界そのものです。

<嫌気がさした→辞めたい→契約のこってる→仕方ない訴訟起こすか>

これくらいのことだと思うんですけどね、私は。










今回、記事にして私が何をいたかったかと言うと

「東方神起とJYJ」問題と「SJハンギョン問題」「EXO問題」「SNSDジェシカ問題」を一緒にしないで。

ということ。










JYJはその後の訴訟者にとっての先駆者であり

巨悪SMに対して本当に偉大なことをやってくれた。

なんて、鼻で笑っちゃいますけど。

悪いけど。

なんで一緒の土俵で考えているの??

根本的に違うということ、分かっていないの??と。

そういいたくて記事書きました。










まず、決定的に違うところがいくつかあります。

①メンバー数人と共に訴訟を起こした

②何故か親が出しゃばってきた

③訴訟を起こしていないメンバーが何故か悪者にされた

④主張と行動が一致しない(何故か勝手に新ユニットを組んでいた)

ね。

改めて指摘してみるとぜんっぜん別物だということがわかると思います。










なぜJYJの時は3人が悪者にされたのに

ハンギョン、クリス、ジェシカ、ルハンの時は本人じゃなくSMが悪者なの??

と思う方が結構いらっしゃるということを知り少しのショックを受けました。

いやいや、どっちが悪者うんぬんよりも、まず全然ちがうことだからさぁ、と言いたい。










もう今さらJYJについてどう思うとか書く気はあまりありません。

今までにそんな記事を何個も書いてきましたのでね・・・

毎度言っている通り、『東方神起』が大好きな東方神起厨な私なので

もちろんデビューしてから今の今までの東方神起の全歴史を愛しております。

JYJが悪者だ、とか言う気にもなりませんし

ホミンは正義で偉い、とか言う気にもなりません。









ただ、東方神起のファンとして、SM内での訴訟をひとくくりにして欲しくない。

訴訟者をたたえるようなことも言ってほしくない。

先ほども述べたように、SMに所属して頑張っているアーティストのために。

それがたとえ、強制的に残っていようが、育ててもらった恩返しで残っていようが

自分の意志で残っていようが・・・・・

きっと彼らが残っているのはそれだけのそれなりの理由があるのだと思うから。










「メンバー脱退」という悲しい出来事は

「韓国アイドル」にはまってしまった者には避けられないことなのかもしれない。

そうならざるをえない世界が韓国芸能界というものなのだと思う。

日々、新しいグループが誕生しては、消えていくグループも存在する。

入れ替わりの激しい世界で、忙しいのは人気があるからで嬉しいこと。

でも、それに耐えられない子だって中にはいるんでしょう。









EXOからの脱退者、クリス、ルハンは2人とも中国人です。

(クリスはカナダ国籍ですが中国人)

中でもルハンなんかは中国での絶大な人気を持っていますから

EXOを抜けようがファンはついてくるんでしょうなぁ・・・・・

韓国で働くよりも中国で働いた方が好待遇だとファンの間ではささやかれていますが

そりゃそれが本当の話なら母国に帰るよ、と思う。

SJハンギョンも中国人だしね。

実際、SMでは練習生の間、外国人はいじめられたりするらしいですね。

そういう噂がたつもんだから、最終的にはレイもタオも抜けて

(2人は現在EXOに残っている中国人メンバーです)

EXO-M自体なくなってしまうとか、言われているみたいです。

(EXOは韓国で活動するKと中国で活動するMに分けられています)

そんなことになってしまえば、一貫の終わりじゃねーか、と思う。










そう思えば、SJのチョウミとヘンリー(中国人)は

韓国ファンにひどい扱いを受けようがずっと残っていて・・・何か感慨深いですね。

(あまり詳しくは知らないのですが、彼らもまたSJ-Mのメンバーであり、SJとしては認められていないようで)

(最近はマシになったらしいですが・・・チョウミさんなんてSMT東京1曲とHOPEしかでてない;;)










誰だって、グループの分裂やメンバーの脱退など望んでいないのです。

でも本人の意思は変えられなかったりします。

その結果ファンとしては悲しい結末になってしまいます。

その結末が、誰のせいか、と問われると

『誰かのせいにできるのならば楽だ』

の言葉に尽きる。

これが、私が、東方神起さんの分裂問題で苦しんで、4年程たって、出した答え。

なのかも。










↓blog ranking(ブログランキング)ボタンです☆↓

↑ぜひとも読み終えましたら「読んだ」ということで1クリックお願いしますm(。。)m↑






「拍手」「コメント」も随時受け付けております。

コメントは返信いたします。















みなさん、あんにょん(^p^)☆

しばらくですね!!

やっとこさ記事を書いたと思ったらビギイベレポを書き逃げし←そのままテスト期間へ突入。

テストは残すところ3教科くらいなのですが、まぁ一応山場は乗り切り。

3連休という時間をもらったので(普段は土曜も祝日さえ学校なのでGWぶりの連休☆)

一つここに記事を上げさせてもらおうと思います。









さて、ここで今回書かせていただく内容は、もちろんタイトル通り「東方神起とJYJの和解問題」について。

と言っても私は女性自身や朝鮮日報?の記事等に、まったくもって目を通しておりません。

読む意味が分からないからです。

読んだところで「で、結局何が本当?」ってなるし、自分が傷つくのが目に見えているからです。

ですが記事を書いてしまいます。

だから全然この記事の信憑性やら、内容については触れません。

もっというと触れることができません。

だって一般人の私には何もわからないから。

それでも書いちゃいます。

想いがあふれ出したから。

どこかにこの気持ちを出さないと私が私でやっていけないから。

気持ちの整理の為に書きます。

ですので、こんな一般人の大学生ゆーみんの戯言を聞きたいという暇のある方はどうぞ最後まで読んでいってください。










以前、そうですね、私が大学受験を終えてこのブログを本格的に更新していくときめたあの日。

ある一つの記事をここに書き上げましたね。

私が東方神起にはまるキッカケ~トンペンの道を進んでいる現在までのこの想いをすべて書ききりました。

そうです、あの時ここに書きました。

今後新たな展開がない限り、このての記事はもう二度と書かないと。

そして、今回がその新たな展開のあった時なのです。

ですので、何度もしつこいですけど、暗い気分になる記事を書きますがお許しください。










まだこの記事に一度も目を通していないという方は一度目をお通しください。

→こちら「<blog再開にいたって>ペン歴振り返り/東方神起、JYJへの管理人の想い~争いは卒業、ただひたすらヲタるだけ~」(クリックでとべます)

そうですね。

私ははまった2009年11月からJYJが日本活動を休止する2010年・・・秋頃?まで、いわゆるお花畑という名のお花の世界に住んでいました。

3人が、東方神起活動休止を発表した後すぐにJYJとして活動していくという、意味の分からない現実を突き付けられた後も

「大丈夫、これは5人で戻ってくるための安静期間。事務所の意向で活動してるだけだろう。」と自分に言い聞かせながら。

私はもうその頃は完全なるチャミペンでしたが、チャンミンが見れない期間もずっとこんなことを思っていました。

そのころの私の誇りと言えば、「5人を待ち続けていること」

オンリーペンなんてアンチの塊だと思っていました。

過去記事を見ればよくわかります。

お花畑お花畑ばっかり言っていますww

まぁ、その頃は新たにJYJからファンになる方とかたぶんまだ少なくて

ほぼトンペンからの継続的なかんじでしたので、片方しか応援できない=アンチのようなもんでした。









その気持ちが、JYJが活動休止に入り、変わっていきました。

え??日本活動停止?なぜ?復活までの間は3人が日本にいてくれるんじゃないの?と。

そしていつの間にか2人が東方神起としてカムバックしました。

カムバック後しばらくは・・・「東方神起という名前以外でかえってこれなかったのかな・・・」と、まだまだ5への想いは強かったです。

なぜ私がそれだけ5人にこだわっていたのか。

その理由はただ一つ。

素晴らしかったから。

ここで終わってしまったらもったいないと思ったから。










それが、なぜ、今の私のように5人に対する執着心が薄れていったのか。

それは・・・ユノとチャンミンの東方神起の人気が衰えていなかったから、とでもいうのかな。

今まで、活動停止からずっと、約8か月ほど日韓でテレビ露出のなかった二人が日本のテレビに出た。

その顔つきが変わっていて。

インタビュー等でもうすうす気づいていました。

あぁ、もう覚悟はできているんだなと。

それでもやっぱり私の中の5という数字は、想いは、なかなか消えてくれなくて。

それでしばらく離れていました。

その時の5人への気持ちと言ったら「無」でしたね。

もう何の感情も湧き出ないというか、脱力感というか、何も考えたくないというか。










その気持ちがまた変わりました。

JYJの茨城コンサートの様子を聞いて、その「無」が「嫌悪」へと変わっっていったのです・・・。

いや、本当はもっともっと最初から私の心の奥底で芽生えていた感情。

認めたくなかった感情でした。

2010年、ちょうどエーネーションが終わったあたりからそうだった。

初めて生で3人を見て、大歓声、レッドオーシャンに包まれる3人を見て、とても楽しかったのに。

その気持ちは疑問に変わっていきました。

「なんで訴訟を起こしておいて悠々と活動しているの?」

「なんで3人は英雄扱いで2人はSMの犬扱い?」

「なんで訴訟と何も関係ない2人はずっと黙ってるのに、3人はツイッターで軽く口走るの?」

「なんで2人はずっと活動できないの?どうして、どうして・・・・・」と。










2人が再始動してからも3人はたびたび意味の分からない発言をしました。

矛盾しているだろうと思えることも、今更だろうということも発言しました。

そのなかで、ユノとチャンミンは期待を裏切り、人気上昇の中、JYJは圧力だのなんだのとで露出があまりできない状態に。

きっと私は嫉妬してたんですね。

嫌悪というよりも嫉妬という言葉が似合う。

そう、たぶん、何もかもうまくいっていた3人に嫉妬してた。

だから、東方神起が活動再開して、逆に何もかもうまくいかなくなったJYJに、ほらねと。

こんなこと言っていいのかわからないけど・・・ざまあ・・・みたいな・・・ホント自分最低だ。

そんな感情が起きました。

心の奥底、ずっと深い、暗い場所で。

だから私はこのころから「5」へのこだわりが薄れていったんですね。

もっというと、薄れたというよりは「もう戻ってほしくない」とさえ思った時もありました。










こんな私だったわけですが、人間って本当に自分勝手で都合のいい生き物ですよね。

TONEを発売して、そのアルバムはベストを除き、東方神起史上最高の売り上げを誇り

また2012年から始まった5thツアーも55万人という動員数を誇り

今や日本国内での東方神起というものは「2人」、それが当たり前の世の中になりました。(きっと韓国でも)

もう何も心配するところはない。

2人でも十分やっていける、これが東方神起なんだ、それを世間に見せつけてくれました。

と同時に、私の中でのあの「嫌悪」・・・「嫉妬」が消えました。

これだけ成功しているのにもはや嫉妬なんて感情、今の私にはありません。

となると途端に、今度は心配になるのです。

3人が。

可哀想とさえ思えてくるのです。

あれほどまでに、悪い感情しか抱かない存在だったのが、嫉妬が消えた途端にこうです。

なんて私って自分勝手で、汚い心を持っているのだろうと、そう思います。










上記の記事を書いたとき、5人に戻るか戻らないかなんてどうでもよかった。

5人が今幸せなのならそんなことどうだってよかった。

そう思っていた矢先の、今回の和解記事。

今までの私なら本当に嫌気がさしていたと思います。

期待させられることに。

でも、今の私は・・・・・素直に「もしそうなるならそうなってもいい」と思えています。

本人たちの意見の合意の上での出来事ならば、私が、この東方神起ヲタクが、喜ばないわけがないでしょう。

なぜ今さらこんな記事が週刊誌に載るのかは・・・・・一般大学生のちんちくりんには到底わかりません。

なにかの意図があるのか、それとも本当にそんな話がすすんでいるのか。










皆さんがこの記事をどう思うかなんて私の知ったこっちゃありませんが、「もしも」何もかも元に戻ったとして。

そうしたら、トンペンをやめるだなんていう人は本当のペンじゃありませんね

好きな人の幸せは自分の幸せじゃないですか。

違いますか??

好きな人が笑ってさえいてくれれば、それで何もかも丸く収まると思うんです。

私にとって東方神起って、5人だろうが2人だろうが、いつでも心の中で輝いているので。











TONEツアーを終えた今感じることは、やっぱり過去の記憶は消えないなということです。

TONEツアー、うれしいことに、5人時代の大好きな曲を歌ってくれましたね。

呪文、ライサン、SHINE、サマドリ、High Time、Somebody To Love、The Way U Are(福井・城ホ)、時ヲ止メテ、BREAK OUT。

この数々の曲を歌ったことで2人は5人時代を超えたとか、いろいろ言ってる方がたくさんいましたが

私の中では超すも劣るもないわけで、それぞれの味というものがあると思ってるんです。

ツアーの中で、ホールの中で過去の曲を歌う、歌っているまさにその瞬間は、確かにユノとチャンミンの曲になるんです。

でも、私が普段思い出す、私の頭の中で再生されている曲は、ジュンス、ユチョン、ジェジュン、チャンミン、ユンホの曲なんです、メロディーなんです。

きっとこれは、この先何年たとうが、私に一生まとわりつくんでしょう。

残酷ですよね・・・・・

ききすぎたんですよね、活動停止中に。

頭にしみついて全然ぬけないんですわ残念ながら。

それだけ、この子たちの作り上げてきた「東方神起」が、今守ってくれている「東方神起」が、どれだけ素晴らしいかということ。










何が言いたいか。

自分でもよくわからなくなっているけれども・・・・・

今回の件で揉めないでほしい・・・・・ってことかな。

どうか、本人たちの望むような結末になってほしいなって、たくさんの人にそんな穏やかな心で見守っていってやってほしい。

東方神起は5人じゃなきゃいけないから戻って!とか、2人だからもうかかわるな!とか

それって本当におこがましいと思ったことありませんか?(私もえらそうに言える立場じゃないが)

よく、今の東方神起に5人を強要させるなんてひどい、と、TV5XQと言い張る人にTV2XQと言い張る人は言いますが

たしかに今のこの状況からみて、その人の言ってることは正しいのかと思ってしまう。

けれどよくよく考えてみると、この人だって2人に2人を強要してる、人の気持ちを考えない人なのですね。

コンサートやイベント等で「TV5XQ」や「TV2XQ」の文字をユノとチャンミンが見かけて、うれしいと思いますか?

複雑な気持ちになるんじゃないかなって、一瞬でも考えませんか?

TVXQはTVXQでいいとは思わないのですか?

もうずっとかれこれ疑問に感じていることです。










ここまで揉め事が続いてるのって、ブログの影響もあると思うんですよね。

誰々のブログとはいいませんが(もはやいちち覚えていない笑)

まぁ・・・・・ここのブログランキング上位層にもあるだろうと思いますが・・・・・

片方をけなし続けるブログですね。ええ。

確かに、活動休止中やらは、いろいろ書きたかったかもしれない。

悪口も、言いたかったかもしれない。

5人の仲を見てきた人だからこそ悲しいから怒りたいのかもしれない。

でもさ。

今さらどっちか片方のアンチ記事なんて書かなくていいと思いません・・・・・?

これが今でもどっちかのアンチに回る人がいなくならない原因なんだと思います。

だって、3人から、2人からはまった方々って、別に互いの休止期間とか、つらいときとか、5人時代とか

何も見ていないからそんなに怒らなくてもいいはずじゃないですか。

なのになぜ増えるか。

そうゆう記事を書くブログがあるからですねおそらく。

(私のブログも下手すりゃそうゆう類にはいるかもしれません^^;おとけ)

ブログ、たかがブログ、されどブログです。

個人の意見の公開場です、意思表示場です。

ただの一般人がですよ、何をしってると思いますか?

なのに、これが真実だの、これが正義だの悪だの、あなた親族か?ってくらいに、あたかも本当のように書いているブログを、山のように見てきました。

きっとこれが人から人へ伝わり、嘘が本当として伝わり、挙句の果てにはそのブログの信者までもがあらわれ、支持が高まって・・・・・

考えると恐ろしいですね。

これで今日もまた、どちらかのアンチが生まれるのでしょう。

そのままでいれば普通のペンだったろうに。

そう思えてならないのです(もちろんこれが全てではないと思いますが)

だからこその、タイトルです、ブログは良く選びましょう。

このブログだって訪れてくれる方にいい影響ばかり与えているとは到底思えませんが。

これでも、「共感です」って言ってくれる方がいるならば、その人の心が少しでも軽くなるならば。

そういう思いで毎回記事を更新している所存です。










結局何が書きたかったかって、和解の話でもなんでもなく、ただもう一度彼らへの自分の想いを再確認したかっただけ。

突き合わせてしまってごめんなさい。

この問題は本当に長い長い闘いになることだと思います。

ただ一つだけ、このちんちくりんが言えることは、3人VS2人ではないということです。

3人VS事務所、なのです。

5人にも事務所にもただ一つだけ私が怒ってもいいと思うことは「記者会見しろ」ってことです。

誰もが一度は考えたことがあるでしょう。

ファンに何も知らされないまま活動休止にいたり再始動なんて、理不尽な話だと思いませんか。

たとえ5人の態度の悪さとか、不仲感とか、そんなのこっちに見せてくれてかまわなかったから。

やっぱり何かしらちゃんと公の前でみんな揃って言うべきだったと私は思うよ。

そうしたら、今の未来とは違っていたかもしれない。

ファンの行き過ぎた憶測なんて生まれなかったし、ファン同士の争いもなかったかもしれない。

考えても考えてもきりのない、終わりの見えない問題です、訴訟問題は・・・・・










7月19日に訴訟の最終判決が出る予定だったそうで、ほぼJYJ側の勝訴は決まっていて、なのに、SM側が8月10日に延期させた。

その矢先の、この女性自身。

ファンはまた混乱の渦にまきこまれ・・・・・

本当にいい加減にしてもらいたいww

なにかが裏で動いているのか、それともただの噂でおわるのか・・・・・

まったくわかりませんね・・・・・

それでも、私の東方神起に対する想いは今後も変わりません。

その時ある「東方神起」をこれからもずっと応援していきます。

2人の東方神起といえばいいところをなぜ「その時ある」とわざわざ濁して言うか。

それは、こういうすることが、今の自分にできる最大限の応援だと思うからです。

私の中で永遠に輝き続ける星々よ、いつまでも光を失うことなく、永遠に・・・










↓blog ranking(ブログランキング)ボタンです☆↓

↑ぜひとも読み終えましたら「読んだ」ということで1クリックお願いしますm(。。)m↑






「拍手」「コメント」も随時受け付けております。

コメントは返信いたします~♪

それではまた!!ゆーみんより☆

















「東方神起JYJ和解へ」














「不妊治療6年間」

wwwwwwwwwwwwwww






女性自身なにしてんだいwwwww

ただでさえ最近のTV露出でホモ臭だだもれなのに。

なにしてくれてんだwwwww

チャンミンのために不妊治療を20歳の時から受けてました

ゆのゆんほですか?wwwww

どこまでガチなのおばか。゚( ゚^∀^゚)σ゚。←お前が馬鹿










おふざけ記事ですみませんw

皆さんピリピリしてるかと思いちょっと書いてみました←え

これに関しては次回またあらためて

真剣に書かせていただきますね。

それでは、テスト期間なうなので。

また後日\(^o^)/





↓blog ranking(ブログランキング)ボタンです☆↓

↑ぜひとも読み終えましたら「読んだ」ということで1クリックお願いしますm(。。)m↑






「拍手」「コメント」も随時受け付けております。

コメントは返信いたします~♪

それではまた!!ゆーみんより☆

みなさん、大変長らくお待たせしましたm(。。)m

ゆーみんのヲタブロ復活記事です。

実は結構前からちょっとずつ書き進めていて、4月初めには完成していました笑

いやーほんとねー、大学が忙しくて^^;

大阪から京都まで2時間かけて通ってるもんで(氏ぬ)

1講目ある日なんか朝6時半に出発ですよwwwwwwwwwwwwwwwww

ワロタwwwwwwwwwwwwwwwwww

5時半起きwwwwwwwwwwオワタwwwwwwwwwwwwwwww

しかも土曜日もある。たった1講のために。授業より往復時間のが長い。

くそがあああああああああああああああああm9(^p^)

ってことで遅らばせながら早速記事に突入させてもらいます。












こんにちわ。

こんなブログを訪れて下さりどうもありがとうございます。





初めて来た人には分からないかもしれませんが

私は今去年大学受験生ということもあって

しばらくこのブログを更新休止にしていました。

(実をいうとiphoneからちょくちょく更新はしてたんですが)





で、無事に合格することができ、いつまで続くか分からないこのブログを

もう1度続けていこうと思い、再開させようとしているところです。





そこで、東方神起のヲタクブログを続けていくために

私にはやっておかなければならないことがあります。

このブログの 東方神起に対する姿勢 を記事にすることです。

できればこんなことは書きたくないのですが。。。

私がここを開設した当初とは状況が違ってきてますし

私、管理人本人の気持ちも大きく変わってしまいましたので

これはブログ続けていくには書かにゃならんだろうな。。。と

その方が平和にことが進みますのでね^^;





ここのブログで、私の書く記事を通していろんなトンペンさんと交流していきたい。

そのためにはまず私の胸中やら何やらを知ってもらわないといけないと思い

この記事を書くことにしました。





何度もここを訪れて下さっている方は(いるんですかね笑)

「もうおめー何回目だよ、うっとーしー」と思われるかもしれませんが

ブログ再開の節目として、今のこの感情をいつか忘れてしまわないためにも

この記事を私のブログに綴っておこうと思います。





でわ、前置きとても長くなりましたが

ゆっくり、じっくり、丁寧に振り返っていこうと思います。

とても長くなりますので(2年ちょっとのペン歴ですが←)

それでも付き合ってくれる人、どうぞ最後までよろしくお願いします。












2006~2007





私と東方神起との出逢いは、振り返ること6年前になります。

皆さんは「家族善哉」という毎日放送で放送された昼ドラを知ってますか?






TVXQ Step by Step KazokuZenzai 投稿者 Nounith





私がまだ中1だった2006年の冬、期末テスト期間中に

家に帰ってお昼ご飯を食べながら、何か面白いTVないかな~って

何気なく回したTVがこの昼ドラでした。





テストが終わり、通常授業が始まっても録画して

毎日のようにそのドラマを見るようになり、気になりだしたのが主題歌。

「この歌いいよね~誰が歌ってるんだろう?」

「韓国人みたいだよ~」「へ~見てみたいね~」

って、こんな会話を母としたのを覚えています。





そう、皆さんもうお気づき、「Step by Step」です。




それからしばらくして、主題歌を歌う人が「はなまるまーけっと」に

出演することをドラマで知り、母と一緒に見ることになりました。





あー、何であの時私スルーしたんだろう、と今でも後悔。





この時、ジェジュンが整形の取れかけ?&金髪で

追い打ちをかけるように、チャンミン、ユノ、ユチョンも

皆様まあご立派な茶髪でしてね

私としては

第一印象さいあくだったんっすよ。





なになになに!?ちゃらい!とれかけ二重まぶたが怖い!整形!韓国!

って感じで、こんなんスルーいき決定っすよ笑





はなまるに出た時にはジェジュンの二重も完成し(え)

髪色も日本仕様に?おちついてたんですが

何にしろこの時の私といえば、「芸能人?男?イケメン?ハッ、興味ねー笑

だったもんですから(今じゃ考えられない)

2008年「Purple Line」で世に名が知れ渡るまで

東方神起の存在なんてこれっぽっちも^^;





2008~2009





こんな私が東方神起の存在に気付き始めたのは2008年です。

まあ、ぶっちゃけまだよく分かってませんこの時は。

東方神起売れてるんだな~って思ってただけで

ましてや彼らが2年前の衝撃的印象を抱いた方々と同一人物だなんて

思うわけないじゃないっすか。

馬鹿だからww





自動車の宣伝に起用されてた「Purple Line」を

ちょっと聞いたことあるな~くらいのレベルで

ましてや何で中学の卒アルに「東方神起大好き」って書かれているかなんて

理解不能なレベルだったしm9(^p^)

毎年かかさず「紅白歌合戦」を見ている我が家なのに

東方神起が出場していたって記憶なんかこれっぽっちも残ってなくて

(今見返しても、あのとき見たという記憶はよみがえらない)

そんなレベルでまたまたスルーしました。





あー、悔やまれるー。










kohaku11.jpg

お地区B丸見え羽生え王子様チャンミン

とかいうすんっっっっばらしいNHK紅白歌合戦を見のがすだなんて(^p^)

今から2008年末にでも吹っ飛んで、あの頃の私をぶん殴りたいです。

あ、やっぱ嫌です。もう1度高校受験やり直すだなんて嫌きまわりない。





その次に東方神起に会うのは、意外と早かったです。

というのも、2009年になるんですが、3月のある日、

「TV付けてもいい?」て、母に言われて見た番組。

そう、これこそがまさに東方神起のファンになる

いっちばん初めのきっかけだったんでしょう。





そこでたまたま母が回したチャンネルが、
「Music Lovers」
だったんです。

私も母もまだ彼らがあの3年前の人達だなんて

気付いてないんですよ
(アホ親子)





ジュンスの「卵の黄身も好きだけど、君も好き~」と

ユノの大滝秀治さんのモノマネを母と見て

夜中にもかかわらず大爆笑した記憶があります。





というか、ちょうどその時にチャンネルを回して、そこを見終わったら

すぐにニュースに切り替えたので、結局私達親子の脳内には

「東方神起=変わってる人たち&関根さんが好き」

って記憶しか残らず終い。







たしか、その翌日には「しゃべくり007」にも出てましたよね^^

「ジュンジュワァ~」と

「ドンキードンキーホーテーホテーもっと切なく歌いたいですよぉ」

でまたまた笑わされたってだけで、これまたスルーしたんです。






さて、次に会うのが、やっとこさ!

トンペン人生を歩みだす核心的きっかけとなる出会いです。





2009年夏、ちょうど私が高校に入学して間もない頃世間で騒がれていたのは

まぎれもない、「東方神起解散騒動」でした。





この頃の私といえば、そのことについては、ニュースでちらっと見たレベルで

「え?東方神起?あんなに人気あるのに?おもろかったし(←)解散なんかしないっしょ」

と、他人事スルー。いや、だって興味なかったし。





ちょうどこの頃でしたかね、東方神起が2006年の彼らだとようやく気付いたのは

しかも母が教えてくれなきゃ私もっと先までその事実知らなかったかry

スルーするのもしょうがない、なんせ私はこの時とある俳優さんに夢中でしたからww





その俳優さんは、私が初めて好きになった芸能人でして

この人を好きになるまでは芸能界なんて全く興味は無く

ここを通過したことで、現在、東方神起も含め芸能人にキャーキャー言えるわけで

でもやっぱり、この時に東方神起にいっときゃ4thライブ行けたな~とかも思うし

何か。。。いろいろ複雑ですね(お前の事情なんか知らねーよ)





そんな夏が終わり、やっと!!東方神起にハマる時が来ました。

年末の特番に感謝です。





2009年11月26日「ベストヒット歌謡祭」

この時はまだ、2人と3人の間にぽっかりと出来てしまった空間のことなんか

これっぽっちも知らなかったし、気にもしませんでした。





音楽なんか興味なくて(10年もピアノ習ってた奴の台詞)

歌なんか全く聞かず、音楽番組なんて全然興味が無かった私が

この番組を見て、しかも東方神起に目が止まるなんて

もうお前どーしたの!?

空から隕石降ってくんじゃね!?

地球終わるんじゃね!?
レベルの奇跡でしたね。

o0500028210320784190.jpg





2009年12月2日「FNS歌謡祭2009」

とりあえず、ベストヒットでだだハマりしたもんですから

めっちゃ調べたんですよね、自分なりに東方神起のことを。

公式サイトにいって、いろんなブログ見て回って、解散騒動のこととか

いろいろと初心者なりに最低限の予習をしてからこのFNSに臨んだわけです。





ベストヒットの時は、ただ食い入るように、引き込まれるように

漠然と画面を眺めていたもんで、後から録画を見直そうと母に尋ねると

「え?ベストヒット?もう消した^^何?東方神起見たかったん?」

的ノリで、普通に消されたもんですから(恐るべしゆーみんの母)

本当に今回のFNSを私は楽しみにしてたわけです。





そしたらもう。。。やばかったっすね。





何が「Rainy Blue」だよ。

何が「Stand by U」だよ。

歌上手すぎんだろ何そのハモリ何その音の重なり

何そのヴィジュアル(^p^)ハァハァ←






衝撃を受けすぎて、軽く倒れそうになりましたよね。











p_20111215150437.jpg

この謎な生命体に





母がやたらと「ユチョンかっこいいわぁ~」って言い張るので

(さすがおばさまキラー)

何とか理解しようとしたんですけど、頭の中は

((きのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこきのこ))

でいっぱいいっぱいでして、まさかこの後すぐに自分がユチョペンになるなんて

全く予想してませんでした。





この時私が誰に目を奪われたかというと

やたらとしんどそうに声を張り上げて歌うこのお方でした。

2010120501084994f_20111215151330.jpg





まさか数ヶ月前にこんなことをしてた人だとは考えられなくて

20101126185652362_20111215151646.png

いわゆるギャップってやつにやられたのか、シアペンとやらになったんでしょう笑





当時はチャンミンの魅力など分かるほど自分が追いついてなくて(何に)

h_20111215151824.jpg

「何かこの人持ってるだろ。歌普通に上手ぇー。」くらいにしか思ってませんでした。

(ごめんねチャンミン最初あなたのことV6の◯宅くんにしか見えなかったの)





ジェジュンはですね、かの有名なあのお方にしか見えなくて

deathnote2(2).jpgdeathNote.jpg

2010120501084927b_20111215152530.jpg

キラキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

としか思っておらず、母に関しては「人造人間だな」って言う始末←

まあ人形ぽい顔してますもんね。





ユノに関しては、右頬の傷のことなど全然知らず、そこが光に照らされ光っていたので

「ああ、リーダー悲しくて泣いてるんだ。。。うぅ。。。(泣)」と

勝手にユノを泣かせていました。ごめんなさいm(。。)m

9_20101205005443_20111215153320.jpg

(当時この韓国顔は受け付けなかったけど)





とりあえずこの人たちやべーってことで、これから年末まで

アホの一つ覚えで、母と毎日FNS録画を見る始末。

777_20101205010713_20111215153600.jpg

そこまで引き込まれたのです。

そんなこんなで、毎日のように動画やら何やらを漁って過ごし

一歩、また一歩と、あの悲劇とも言えるであろう2009年末を迎えるのです。





2009年12月25日「Music Station Super Live 2009」

この時はユチョンがものの見事に音外しましたね笑

ユノが歌ってるときはマイクきーんってなりましたし。

ユチョンの髪の毛がキノコじゃなくなったことに喜びながらも

心は解散騒動のことでドッキドキでした。

ピクチャ 2





2009年12月30日「日本レコード大賞2009」

これは本当に今でも忘れられませんね。

録画はHDDに残ってますけど絶対に見ないです。

チャンミンの顔が切な過ぎてですね。

(当時は事の深刻さが分かってないゆえ萌えることが出来ましたが)

今思えばこの状況で今年のことや来年のことを聞かれるあなたたちって

辛かったろうね。。。

201001031040423a9.jpg

20100103104042bdb.jpg





2009年1月31日「紅白歌合戦2009」

この時は本当にもう心臓飛び出すかってくらいドキドキでした。

出演の時間が来るまでパソコンでいろいろ調べものをしたり。

だって、確かこのころ紅白が終わったら解散って言われてましたもんね?

社長のブログ読んだり、いろんなネット記事読んだり。

そんなこんなをしてたらあっという間に出番きちゃいましたよ。





o0478035610363270573.jpg

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

って感じに、お母さんと見てました。





いや、でも、こんときのチャンミンの態度は目に見えて分かりましたよね。

o0478035610363270060.jpg

目が死んでいる。ひぃい。

「~すぐに飛んで~行けば今もまだ君はぼ~くの横にい~てくれ~た~♪」

の後の目のそらし様は凄まじかったですよね。

ドMにはたまらない!もっとやって!





o0478035610363265378.jpg

一瞬にして我が家の空気凍りましたからね。

母「うっわwwチャンミンめっちゃ怒ってるww」って^^;





o0478035610363265368.jpg

ユノも下半身パッツパツに太ってましたよね。

この雰囲気、端から見てもただならぬもんを感じますね。。。

2人はお辞儀しなかったとか、態度悪かったとか

めっちゃネットで叩かれてましたね。

2人だけに限らず、東方神起の時は視聴率が下がっただとか。

不仲態度見せんな、とか。

あ、何か懐かしい。





まあ、でも










o0433050010362906189.jpg

リハの服装は面白かったですけど

だってこれ、ジェジュンとユチョンとユノどーみても強盗犯にしか見えなry

ユノなんか、丸めがね。笑。

チャンミンだけはイケメンすぎるほどイケメンなのに!あぁ罪な男

(あ、FNSでユチョペンになった心はこのあたりから少しずつチャミに奪われていきます笑)





そんなこんなで2010年あけましておめでとうございますってことで

新年あけまして早々、あの番組です。





2010年1月1日(元旦)「Count Down TV」

もうホントにチャンミンってお方は自分に正直に生きすぎですよね。

(そこがかっこよいのである)

cdtv09123132_20120209121737.jpg

あからさまにユノの方によりすぎてますよね。

この時はもうほんと心配で心配で。





cdtv0912315_20120209121737.jpg

2人と3人の温度差がですね、物語ってますよね。

司会のEXILEタカヒロがまた今年の目標とか聞くんですね~。





cdtv09123134_20120209121737.jpgcdtv09123135_20120209121737.jpgcdtv09123136_20120209121736.jpg

まあ、こいつは可愛かったんですけど





これで一応5人揃ってのメディア露出は最後となります。





大丈夫ですか皆さん。

ついてこれてますか?笑

まっだまだ振り返り長いっすよ笑

さらに、振り返った後で5人への自己満の語りも入ります。

まだまだ突っ走りますよ。ここまで読んだならついてきてくださいよ。





2010~2011





年が明けて間もなくして、「BREAK OUT!」が発売されました。

10011601.jpg


初めて買った東方神起のCDです。

ジャケ写は5人でした。

PVで元気そうな5人が見れて安心してました。





その後「BEST SELECTION 2010」も発売されました。

img_341977_11458467_0.jpeg

これ本当に今でもずっと宝物です。

ここしばらくは聞いてないんですけど

ふとした時に聞きたくなるんですよね。。。

神曲ばっかりだと思います。まじで。

まだ持っていないよって方は買って欲しい。

これだけは、借りるんじゃなくて買って欲しい。

そんなものです。

再始動から好きになって2人しか興味のないって人にも勧めます。

今の状況下にあっても、東方神起の歩んだ歴史は消えません。

ジャケ写はユチョンでした。





そして、3月?頃の雑誌ラッシュに乗っかって「non-no」発売。

もーね、これっすよこれ。

これで私完全にチャンミンにおちました。





だってこれ、見ます?





de3104b90a4575d6090f9dcc587a6a44.jpg

クジャクの国の(どこや)王子様や~!!!!!

やばい、何この格好、ポーズ(^p^)

誰得?

俺得!!!!!





35aa086d3a05cbd6883bd7b474a793c6.jpg

チョンさんもかっこよかったんですけどね。

何かもう興味薄れました←





もうすでにこの頃は色んな動画漁りが完了していていまして笑

あのギャップにやられたんですよね、チャンミンには。

顔でいくと東方神起にタイプはいません。

ってか顔のタイプが私には存在しないww





そして、活動休止(^p^)/

何それオイシイノ?っていうね。

まぁうすうすは覚悟決めてたんで、ついにきたかって感じで。

でもやっぱ堪えましたけど、当時は。

すぐに決着付けて戻るんだろうな~って思ってましたもんで。

この後、私はギリギリでBigeastに入会しました。

img367ec4cezikdzj_20120209130441.jpeg





からの、THANKSGIVING LIVE

JYJ-Thanksgiving_5_20120209130441.jpg





いや、正直なところ、「は?」っていう反応。

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや。

あなたたちついこないだ活動休止したじゃない。

え?待って意味分かんないm9(^p^)

え、私行かないよ?京セラすぐそこだけど行かないよ?

って感じで、申し込みさえしませんでした。

今思うと行っときゃ良かったかな~って思ったりしますね。





このライブを通して3人のことを応援する人が減ったのは

火を見るより明らかだと思います。

参戦しなかったものの、Tシャツ(禿仕様)とペンライトは買いました。

これを持って、この年のa-nationに参加しました。





このコンサートの前だか後ろだか忘れましたけど

ジェジュンの「素直になれなくて」出演

ジュンスの「Intoxication」発売もありましたね。





で、夏のa-nation'10です。

20100829_1618462_20120209130441.jpg





大阪初日に長居競技場に参戦しました。

とっても楽しかったです。

スタンドのステージ真横でわりと近くって、初めて生で3人を見ました。

グッズはオレンジには少し抵抗があり、結局うちわとバングル1つ。

何か。。。会場がオレンジに染まるの、見てて辛かったんです。

あぁ、もう違うんだなって言われてるようで。

グッズ並んでる時にお話ししてた方も、ユノとチャンミンはもう興味ないって言ってたので。

この時の私って、5人!5555555555!って感じだったので辛かったです。

3人でやるくせに、衣装がどことなく昨年エーネと似ていたり、と

思わせぶりなことするんすよね~。

いや~さすがエーベックスですよ^^;





Intoxicationの腰くねくねがアップで写ってですね

きゃーきゃー言ってました笑

あと、「W」聞いた時は胸の中にこみ上げるものがありましたね。

数々ある噂や憶測は、私の場合1つの情報として耳に入れる程度にしてるのですが

この「W」だけは信じています。

この歌を歌った3人の気持ちは本当なんだと。










「俺は残る」っつってる人に

「こいよ」って言っても何も変わらないし

ましてや

imgb788faa1zikezj.jpeg

って言ってもですね。

(天下の裕◯郎さんごめんなさい加工の度が過ぎました)





っていう批判も多かった曲ですよね。

でも3人にとっては「待ってる」だったんだろうと

そう勝手に思っています。




そして、SMTOWN LIVE

o0800060010707160406_20101229120646_20120209130440.jpg





これ、本当に行きたかったんですYO!!!!!!!!!!!!

だって、この頃2人歌手としての露出は全くなくって

いつもいつも雑誌の仕事とかばっかりで。。。

2人に会いたかったんですよね。

歌ってる2人が見たかったんです。





それにしても、上がってくる写真を初めて見た時はビビりました。

チャンミンwwお前ぇwwwターミネーターかよwwwwwっていう

痩せてガリガリの年末だったので安心はしました。

(いや、逆にマッチョすぎて心配もした←)

このSMファミリーの絡みが大好きです。

特にSJのギュ(キュヒョン)とチャンミン、

SHINeeのテミンとユノの絡みが最高に好きです。





からの、JYJ日本活動休止m9(^p^)

え???????????????????????????????

あ、いや、うん、またまた意味分かんないですよね(^p^)

じゃあ何で活動させた?は?っていうパニックに陥りました。

もうここまで来ると悲しむ気持ちさえおきないんですよ。

何がしたいのか、5人の行く末はどうなるのか、そんなことばかり考えていました。





2011~2012





そして、年が明けて迎えた

東方神起 COME BACK(^q^)/

201101-05-23-e0184523_191824.jpg





キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

2人の歌手活動がずっとなくて、なおかつ3人が活動休止になったので

まあ、もうそろそろ復活してもいーんじゃないかと。

そう思ってた矢先の出来事でした。





正直言って、私がいくらチャンミンが好きでチャミペンだからと言って

この頃の東方神起には期待とかそんなもの皆無でした。

嬉しさは。。。嬉しさよりかは

ついに2人で再開の時がきたか。。。っていう脱力感??

「Why?」を見てもいまいちパッとせず、ああ、東方神起も2人じゃここどまりか

こうゆうダンス曲中心の路線でいくんだろうな~って、少し残念に。

私が東方神起にハマったきっかけって、ビジュアルでもダンスでもなく

5人の奏でるハーモニーでしたから。





でも、その気持ちがだんだん変わってくんですよね。

「Why?」のアルバムを聞くにつれて。

「SHE」とか「How can I」とかを聞くうちに

ちょっと待って!!

Stop!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

え、何これ、2人すっげー歌上手いじゃん!!!!!!

え、どーするよこれ。え、どーしよ。










2010021920062807d.jpg

予想GUYだよおおおおおおおおおおおおおおおおお(^p^)






でも、ここまで2人の復活ぶりに驚かされたとしても

私の心の8割はまだまだ5人を忘れられないでいたし

もう、東方神起にもJYJにもあまり関わりたくなくて

しばらく5人から離れました。

その間、ちょうどTVで「イケメンですね」が放送しており(関西ローカル)

もうその流れで、FTIslandやCNBLUEに心奪われていきましたね。

(何しろタイトル通りイケメンばっかりでうへへ)

イケメンに癒してもらおう作戦





で、あまり東方神起については触れず、ゆる~く応援してる中で

3月に、あの地震があり、そのチャリティーイベントでなんと

東方神起が京セラに来ると言うじゃありませんか。

これは行くっきゃないって訳で

そのライブに行き、初めて2人を生で拝見しました。

豆粒だったけれど。





やっぱり生で見るのとネットやらの記事読んでるのとでは、全然違いますね。

これでまた私の東方神起愛に火がつきます。

やっぱり、人数が違っていたって、東方神起は東方神起だと。

そう思いました。

何も変わった部分なんて見えなかったんですよ私には。





この頃から東方神起の日本活動が増えていきました。

それにつれて私の心もうきうき。





そして、a-nation'11です。

img_1043192_29346102_0.jpeg





私は受験生だったので行きませんでした^^;

この時ですね、いろんなバッシングが強かったときは。





img_532793_13245353_1.jpeg

この可愛さ異常。いや、日常。





それに加え、この少し前くらいにジェジュンの「忘れないで」の

著作権かなんかのもめ事がツイッターでありました。

確か「5人じゃないと歌いたくない」と言っていましたかね。

これがまた心を乱すんですね~私の(´_`。)ううう

そのモヤモヤを記事に書いたりしましたっけ。





2人で5人時代の歌を歌うこと。

私はただ純粋に嬉しかったです。





renhou02.jpg





あんなにいい曲たちが無かったことにされなくて、また聞けて。

二度と聞けないんじゃないかと思ってましたもんで。

「時ヲ止メテ」なんか1回もメディアでの披露無くして

休止に入っちゃいましたし。

5人時代に築き上げてきたものを捨ててしまわないで

背負って戻ってきてくれたこと。

すごく嬉しかった。

私も、そんな東方神起なら今まで通り応援するんだって。

これでこそ、私の好きな東方神起だと思いました。

確かに5人時代とはまるっきり違う歌になっていたかもしれません。

でもそれは3人が歌っても一緒でしょう??

別物として聞いたのではなく、重ねて聞いたでもなく。

心に響きました。それだけです。





からの、JYJの茨城コンサート(ごめんなさい正式名称がわかりません)

もう、これでまた私の心は乱されるわけですよ。

「5人じゃないと歌いたくない」って言っていた東方神起の歌を歌った。

その心境が知りたかった。

言ったことが二転も三転もする3人に

とてもじゃないけれど、ついて行けなくなってきました^^;

ごめんね。

(もう体も心も持ちませんよダンナ)

でも、3人を嫌いになるとかはありませんね。

好き嫌いは本人同士で決めてもらいます。

そこにファンは干渉すべきではない、と思います。





でも実際にこのコンサート行ってたら、私は泣いていたかもしれません。

実際に触れると、気持ちは変わるものです。

彼らが今の状況にあるのは自業自得なのかもしれません。。。

が。

3人にも笑顔が戻りますように。。。

そう願いました。





そして「TONE」発売。

(ごめんなさい、JYJコンin茨城よりも時期は前だったかもしれません曖昧です)

34918_2.jpg

34918_3.jpg

(この距離感は本当にやばい)

34918_4.jpg





ああ、あなたたちはもう2人で突っ走っていくのだな、と。

このアルバムを聴いて、東方神起はもう任せられると思いました。

私なんかの心配は余計だったようです^^;

ずっとずっと聞きたかったバラード。

とっても安心して聞けました。

全然綺麗だった(お前何様だよどんだけ上から目線)

アルバム歴代1位の売り上げ枚数を記録しましたね☆





そして、リリースイベントに運良く行くことが出来ました。

iphone_20111104210147.jpg

441220626.jpg

441220248.jpg

大阪の第2部にいったんです。

元気そうな2人を見れてとっても楽しい1時間ちょいを過ごせました。

このときに、私の心は8割型ユノに持ってかれました笑

こんなにユノをかっこいいと思ったのは、トンペンになって初めてでした。

(それまでユノはじじい扱い←ユノペンさんにジャンピング土下座m(。。)m)

これで私は唯一ジェジュンだけを通過していないことになりましたww

私イケメン苦手なんでごめんね

レポ記事書いたのでよかったらどうぞ→こちらリリイベれぽ記事





そしてそして、メディアへの出演もたっくさんあり、楽しい楽しい2011年。

私的には「ピカルの定理」の白鳥美麗物語がダントツすきです。

612e5c2e.jpg

これは本当によく仕事受けたなって思う笑

日本にこの今のk-popブームが来る前からいて、なおかつ日本語も出来て

笑いもいけるっていう、そんな東方神起だからこ呼んでくれたんでしょうね。

え?ただの宣伝?あ、いや、分かってますよ大人の事情くらい





そんなこんなで、年末ですね。

いやはや、月日が経つのは早いです。

去年は出れなかった紅白やら何やら、いっぱい出させてもらえて。

そこに5人の姿を思い浮かべなかったというと嘘になりますが。

元から全然ない私の中での5人の姿を無くなる覚悟で浮かべましたけど

もうこれは仕方ありませんね^^;

5人の時を、たった一瞬でも見てしまっているので

一生私につきまとうことでしょう。





2012~





そして全国ツアーが決まりました。













ふう。やっとここまで書ききりました。

ついてこれてますか?笑

長くってごめんなさい^^;

今からは語りに入ります(今までも十分語ってたよっていうのは無しでよろしくお願いします)

私的感情が嫌と言うほど入りますので、ちょっとどころじゃなく不快にさせてしまう可能性が高いです。

これを読んで、もし「合わないわ」と感じれば、以後の訪問はご遠慮願います。





これまでも何度も書きましたね、こうゆう記事。

でもこれで本当に最後にするつもりで今まで書かなかったこと、書いてても変わったこと

全て書こうと思います(今後なにか進展があればまた書くかもしれませんが)





まず言わなきゃいけません。

私はトンペンです。

はい、見りゃ分かります。

私はJYJペンじゃありません。

はい、見りゃわかります。

5人を忘れられません。

誰一人嫌いになれません。


嫌いになる日が来たとすれば、地球は崩壊ですごめんなさいm9(^q^)





私が5人に触れた日々は、ほんのわずかな間だったけど、忘れようにも忘れられません。

東方神起が忘れていないのと一緒で。

全て背負ったのと同じ。

私も全て受け止めたい。





5人に戻れなんて思わない。

むしろ、ここまできて、戻って欲しいなんて、今の私は全然思わない。


(昔と違うのはこうゆうところです。1年半前は戻って欲しくてたまりませんでした。)

今さらひょっこり「ただいま」なんて、笑って「おかえり」とは到底言えないよ。

ごめんね。

かといって、5人に戻るなとも思わない。

ただずっと東方神起の笑顔を見ていたい。

ただそれだけです。

それだけなのに、なぜ人は誹謗中傷するのでしょう。

真実真実と、本人や関係者しか分からないことを頼りに。

確かに、ほんのわずかなことだけだったとしても

憶測のつくこと、たいていの人が思うであろう、考えるであろうことはあります、分かります。

それでも悪口は良くない。ネットイジメは良くない。

嫌な世の中になったこと。






今や、TV5XQや、TV2XQなどという訳の分からない単語が存在するのですね。

これは。その。何て読むのですか?笑

5人を望むも2人を望むも、双方、東方神起は5人だ、2人だ、と思ってらっしゃるのですよね?

では、わざわざ誇示する必要などないのでは?と思ってしまいます。

「東方神起=TVXQ=TOHOSHINKI」ではダメなのでしょうか。

何も変わっていないように思えるのは私だけなのでしょうか。

それでもまだ、造語はあふれるのですね。

1幕神起、2幕神起って

どこの誰がいつ幕おろしたよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

まだホミン神起なら分からなくもないですけど、幕幕ってうっせーよ。

で、こうゆうことを言うと必ずでてくるんですよね、ユノが言ったじゃんっていう人が。

確かにいいましたけど。

でも私にはそうゆう意味合いは無いと思いますが。

でなければ全て捨てて戻ったでしょうに。





一番嫌なのが、ファン同士の争いですね。

相手方のアンチにまわった方々が。。。問題ですね。。。

好きの反対は嫌いってやつですよね、言い換えれば。

ちょっと返して見れば、だんだん可愛く見え。。。てこないか。

氏ねだの何だの言う人はちょっと相手にできませんね。

でも、本当に嫌いな人は、むしろ、「無関心」になるんじゃないかなーて。

構うってことはそれだけ興味がわくからですし

本当に好きだったからこそ。なんでしょうね。





私は。。。ある方から見ればオールペン、ある方から見ればホミンペン

またある方から見ればJYJアンチなんでしょうか。

自分では、そんな一言では表現しきれない想いが心にあるので、◯◯ペンとは言いたくありません。

いや、言いません。とゆうか言えません。

今でも5人のDVDやらは当たり前のように見ます。

見ると「あぁ、やっぱ5人いいなあ~」って思います。

2人での再始動後のものももちろん見ます、聞きます。

「あぁ、もう2人でいいじゃん」って思います。

結局私は、オールペンにもホミンペンにもなりきれないのです。

だからただのトンペンってことにしています。

(自分にはこれだけで十分だと思ってます)





あと、これだけは分かってほしいのですが

いわゆる、ホミンonly、JYJ onlyと呼ばれる方々=アンチではありませんよ。

同様に、オールペンと言われる方々=5人復活をいつまでも待ち続けているってことではないですよ。


後者の場合、今は双方のことを見守っているって方が多いのでしょう。

5人が好きなのですよ。ずっと変わらず。

別に戻ろうが戻らまいがいいんですよ、5人が笑ってさえいてくれれば。

また、onlyと言われる方を非難するのもやめていただきたい。

ただ好きな人だけを追っているだけなのです。

決して、片方が嫌いだから、とかでは無いと思います。

5人もいるのですよ。いた、んですよ。

自分の好きな人を追う心理が1番まともでしょう、普通でしょう。

私なんかで例えると、私の心の9割はチャンミンですよ^p^(痛いは禁句)

残りの1割が髭で構成されてるだけです

逆に、均等に好きになれる人いたら教えていただきたい笑

要は、「ほれ見ろ。こんな一言で片付けるから軽蔑されんだろうが。」ってことです。

こんな言葉廃止した方がいいですよ、ええ。

こんな言葉に頼ってるからファンが揉めるのさ。

オールだからとかオンリーだからとか、そんなもんで優劣競ってどーするんですか?

双方が目を向けるべきは、アンチのみだと思うのですがね。

なかなかこの気持ちを分かってくれる方はいないんですよね。

オールペンだからどうとか、オンリーだからどうとか。

うっさくてしゃーねえっす。

今の私にはそんなくだらない話、クソです。

2人から好きになった人が、5人を待ってる人は2人を侮辱している、とか。

5人から好きな人が、2人を応援してる人は無理、とか。

もー何それって感じで。

だから?みたいな。

あきれに近い感じなのかな。。。





だから、私は◯◯ペンとか、そんなのどーでもよくって

ただハマった時から今まで、そしてこれからを、東方神起と共に走りたいのです。

東方神起について行きます。

そして、JYJの3人には、物事の早期解決を望みます。

それは、5人全員にとって-にはならないだろうから。

+になるなら是非とも。





JYJとして進む彼らには、今のところ何の興味もありません。

性格にいうと、「JYJとしての活動」に興味がありません。

どうしても、支持することが出来ません。

俳優活動とかは何とも思わないんすけどね。

なんでかな~。

4RXMh3.jpeg

好きだよこんちくしょ。





幸せを求めて出て行ったのだから、幸せになって欲しいです。本当に。

ですが、現実はあまり上手くはいかないようですね。

自分たちのまいた種くらい自分たちで解決して欲しいものです。

裏で何が起こっているかとか、そんな話はこれっぽっちも知りません。

事務所がどうとか、圧力がどうとかも知りません。

誰も、あなたたちが出て行ったことに対しては怒ってないでしょうね。

その曖昧な部分、二転も三転もする言い分、行動に牙向いてるんですよきっと。

このことは以前の記事にいくらか書きましたので、ここでは抑えめに書きますが

やはり、2人、2人の家族、関係者が受けたバッシングを思うと、笑顔を向けれません。。。

その話もどこまでが本当かなんて定かじゃありませんが、よく知られた話です。

正義なんてどこにも存在しないと思いますがね。

やりたいことが2人と3人とでは違ったのですから。

残るも出て行くも個人の願望、どちらも自身のためにやったこと。

それを正義だの悪だのと。。。それはまた違う話だと思うんです。

「Always keep the faith」信念をつらぬけ

よく、5人を強く望む方が言う言葉。

果たして本当に5人に戻ることを意味した信念なのでしょうか。

自分たちの意志を突き通すって信念なのでしょうか。

対象が分からなくなってからこの言葉を軽く口走ることはやめました。





3人は結局何がしたいのだろーと、考えるときりがないですが、まあ、時が来るまではそっと見守ろうかと。

私が2人ばかりを擁護しているとみられたら残念です。

2人にはかばうとこなんて全くない、と思います。

とゆーか、そもそも何もしていない件。

なのに、ここまで叩かれる意味が分かりません。

3人がお好きな方には悪口にしか聞こえませんね^^;

すみません。

でも、言わなきゃ私のブログが書けないので。。。





最近では、2人はもう東方神起でやっているし、もうえぇかー、ってなりますね。

良い意味でみんなの期待を裏切って、さい先のいいスタートをきっていますし。

正直2人でここまでこれるとは思ってませんでした(おいこら)

(もちろん、ここまできたのは5人それぞれのおかげですがね!当たり前に^^☆)

最近は男性ファンも増えているようですし、何より、笑顔ですね。

そして、歌もダンスもパワーアップ!

チャンミンのダンスも、特にユノの歌声も!進化!

5人の時のようなハーモニーは当然2人という人数では奏でることは出来ませんが、2人の特徴をいかしたバラード。

いいですね、好きですよそうゆうの。

o0500033911745126176.jpg

でゅふふ。





3人、ジュンス、ジェジュン、ユチョンも圧力がどーのこーの言ってるけど

何だかんだコンサートとかいろいろやってますからね。

幸せもんだなあいつらも^^よかったな。





もー、これで今のとこは良いや。十分幸せだよこりゃ。

変に考えだすと止まらないし、結局は真実は分からないで終わってしまうし(本当に残念)

これからも私はただのトンペンやっていこうと思います。

長々読ませてしまってごめんなさいm(。。)m





とりあえず、今後このブログはこんな胸中のやつが更新します。

更新内容としては、いわゆる近況報告とかスケジュールとか、お知らせ系のブログではありません。

タイトルにもあるようにただひたすらヲタるところです(妄想でもエロでもどーんとこい)

主に、5人だった頃の東方神起のDVDやら何やら

今の東方神起のDVDやら何やら(映像全般)使ってヲタります。


5人のネタをヲタりつくしたら、今後は東方神起のみの記事になります。

(JYJについてはもう根つめて追ってませんので記事にすることはほとんどないかと思います。)

今さらそのネタ?っていうのも普通に記事ります。

KYになります。

だってしょうがない。

ハマるのが遅くて記事れなかったのだからあああああああああああ

(去年に関して言えば受験で全然できなかったあああああああああああああああああ)

記事に書きてぇーんだよ俺だって





ってことで、

☆5人が好きな方

☆今は片方を追ってるけど5人時代も好きな方

☆2人の東方神起、JYJからハマったけど、彼らが東方神起として活躍する若かりし頃を知りたい方

☆この記事を読んで私と合いそうだな~と感じた方

その他誰でも、ここを好いてくれる方ならどーんとこい


どーぞどーぞ、訪れてやって下さい。

共に萌えましょう。






今後の東方神姫がどうなるかは分かりません。

もう一生2人で突き進むのかもしれないし、新しいメンバーが加わるのかもしれないし

いつかは解散もするだろうし、未来のことなんてそう簡単にはわかりません。

3人が戻ってくる。。。なんてこともあるのかもしれません。

本人の意志次第です。

本人がそれでいいというなら、そうなるのみ。

私はその東方神起にこれからもついていくのでしょう。

「東方神起」が決めた決断に。
















次回の記事を書く頃にはこのブログ名は変わってるはずです。

また来てみようかな~って思ったらブクマしといて下さい。

次はたぶん京セラTONEレポだと思います☆☆

でわでわ、また。

今回の記事で私自身、こんなことあったな~って振り返ることが出来て

今後また自分でも読み返せれる記事になったかなと、思ってます。





↓blog rankingボタンです↓

懐かしんでくれたり、共感とかあったらポチッと。

是非押してやって下さい。



(結局自分で作る時間なくてww既成のですみませんww)

コメントとか何かあったらどうぞ^^☆

あんまりコメントもらう機会ってないので嬉しいです貰えたら←

よろしければ左下の拍手も。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。